財源(納税)対策

  • サイトマップ
082-241-8309

財源(納税)対策

HOME >財源(納税)対策

節税だけでなく財源(相続税納税)対策も考える

 相続税対策というと、節税に目がいきがちですが、忘れてならないのが財源対策(納税資金の確保)です。

 

 節税ばかりに目がいって、相続税額は下げることができても相続税を納付する資金がないのでは意味がなくなってしまいます

  たとえば、相続財産が自宅のみの場合などは、納税資金の確保ができなければ自宅を売って納税することになってしまいます。もちろん、多額の現預金を残せるのであれば対策は無用ですが、そうでな
いのであれば、たとえば物納用の土地を残す、会社からもらう死亡退職金を使う等の財源対策が重要になります。また、保険に加入して死亡時に保険金が受け取れるようにしておくなどの対策も考えておく必要があります。

 さらに、生命保険金や退職手当金等には非課税額があるので、うまく使えば納税資金の確保だけでなく節税及び遺族の生活資金にも効果的です。

相続のご相談 tel:024-944-2314